株式会社田島電工 工事日記 工事依頼は0120-976-256まで随時受付中

電気工事名古屋市西区 住宅EV充電コンセント工事

EV充電コンセント増設工事

今回紹介します電気工事は、名古屋市西区の住宅にEV充電コンセントを設置したいので、お見積りをお願いします。とご連絡を頂き現場調査 無理御見積にお伺いしました。

現場調査 無料御見積

現場調査にお伺いして、現状の電気設備とEV充電コンセント設置希望場所をお伺いしました。

お客様と打ち合わせを行い、電気メーター側面の既設引込開閉盤からEV充電コンセント電源を取り出す工事の御見積をご提案しました。

ご依頼を頂けましたので後日、工事にお伺いしました。

ご自宅の電気設備で最適な方法で御見積をご提案致します。

中部電力申請

施工に入る前に、中部電力へ設備改修工事の申請を行います。

中部電力より承諾が下りましたら工事にお伺いしました。

中部電力申請は弊社が代行してすべて行います。

引込開閉盤改修工事

プラボックスを電気メーター側面に設置してプラボックス内に小型漏電ブレーカー(2P2E20A15mA)を設置して既設の引込開閉盤から単相200V電源を取出し、小型漏電ブレーカー1時側に接続しました。

EV充電コンセント電源埋設配管工事

開閉盤の小型漏電ブレーカーからEVコンセント設置希望場所まで離れているため、今回は埋設配管配線工事で施工を行いました。

PF管にVVF2.6✕2線を通して配管を埋める溝を掘ってPF管を埋設して配線しました。

今回の現場は住宅外壁面の引込開閉盤からカーポートまで距離がありましたが埋設できる状態でしたので埋設配管配線工事で施工しました。

アース接地工事

埋設配線工事から配管配線工事に切り替える場所の付近の壁面にプラボックスを設置して、プラボックスからアース線を出し900アース棒を地面に打込、300Ωまで数値を落としました。

EV充電設備はアース抵抗値をしっかり落とす必要があります。

EV充電コンセント設置工事

配線工事時に設置したプラボックスからVVF2.6×2ケーブルとアース線を配線してスペーサーを固定して取付てEV充電コンセントを設置しました。

工事完了 電圧確認

工事完了後、小型漏電ブレーカー動作確認とEV充電コンセントで電圧確認を行い工事完了となります。

愛知県内 名古屋市近郊でのEVコンセント工事、EV充電設備工事のご相談は株式会社田島電工へお任せ下さい。現場調査無料御見積はお電話0120-976-256、お問合せフォーム無料御見積ネット予約にて随時承っております

愛知県内 名古屋市近郊でのEVコンセント工事のご相談は株式会社田島電工へご相談下さい。
中部電力申請から工事完了までお客様に最適な工事内容をご提案致します。

0120-976-256にて工事依頼、ご相談、お見積もり、随時、受付中!!
ご依頼、ご相談は第一種電気工事士がしっかりとご説明いたします。
電気設備工事、空調設備工事は中部電力委託工事店 株式会社田島電工にお任せ下さい。

関連記事

無料お見積もりをネットで予約

2024年6月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
×
16
17
18
×
19
20
21
22
×
23
24
25
26
27
28
29
30
           
2024年5月

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.